プロフィール

ichibou

Author:ichibou
ならまち育ち。長年東京に暮らすも、現在は奈良に戻り、その魅力を再発見中。「見仏記」の影響で仏像鑑賞が趣味に。

おことわり
当ブログに掲載されている画像の無断転載・複写は固くお断りいたします。
カウンター

北海道キャンプ旅2016 (6)~美瑛・白金温泉周辺散策

国設白金野営場の朝
5日目の朝は国設白金野営場でむかえます。


朝から焚き火
この日は朝から火を起こし、コーヒータイム。


せせらぎ遊歩道
早朝6時半、まずはキャンプ場から続く「せせらぎ遊歩道」を歩いてみました。


道標
「白ひげの滝展望台」への道標があったので、ひとまず滝を見に行くことにします。


急坂
急な坂を下りて行くと、川の流れの音が次第に大きくなってきます。


倒木
しかし、急な坂を下り、川の手前までくると倒木で遊歩道がふさがれています。


橋がない
ここには橋が架かっていたと思われますが、流されてしまっています。対岸に渡るのは厳しそうなので、ここで引き返さざるをえません。


急坂2
結局、この急な坂を往復するだけに終わってしまいました。


ブルーリバー橋
仕方ないので、一旦野営場に戻り、車で白ひげの滝へが眺められるブルーリバー橋へと向かいました。


白ひげの滝
昨年2月の記事でも紹介させてもらいましたが、白ひげの滝は周辺の湧水が幾筋もの糸を引を引くように美瑛川に流れ落ちる滝です。


ブルーリバー
そして、美しい青色をしたこの川が美瑛川(ブルーリバー)です。


美瑛岳、美瑛富士
滝から目線をあげると、美瑛岳、美瑛富士にまとわりつくような雲がでており、まるで雪山を眺めているようでした。


美郷不動尊
さて、白ひげの滝から道道966号線を5kmほど美瑛市街に向かって走ると、左手に美郷不動尊があります。


美郷名水
ここは湧水で知られる場所で、水車と河童の置物が出迎えてくれます。ここでは高血糖・高血圧などに効果があるバナジウムが含有する名水を汲むことができます。


美郷不動尊
そして、こちらはが美郷不動尊のお堂。中には矜羯羅童子・制多伽童子を従えた不動明王が祀られていました。


白金滝不動尊
次は、美郷不動尊から道道966号線を少し戻って、「不動の滝」へと向かいます。


不動明王
車を降り、少し歩くと大きな石の不動明王が現れます。


不動の滝
さらにその奥には立派な滝が流れ落ちていました。


不動の滝
滝の前には不動明王と愛染明王の石仏が祀られています。


白金新四国八十八ヶ所
この他、ここには白金新四国八十八ヶ所の石仏群も並んでいます。その詳細については、後日見仏ネタとして紹介させていただきたいと思います。


管理棟
さて、白金温泉付近の散策を終えてたら一旦キャンプ場に戻り、延泊の手続きをおこないました。今日からはこの白金野営場をベースに、行動することとします。


 

■関連サイト
 【美瑛時間:美瑛町観光情報サイト】

関連記事
スポンサーサイト
THEME:国内旅行記 | GENRE:旅行 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カテゴリ
  • 見仏(奈良)(94)
  • 見仏(滋賀)(22)
  • 見仏(京都)(15)
  • 見仏(大阪)(2)
  • 見仏(兵庫)(1)
  • 見仏(和歌山)(4)
  • 見仏(北海道)(1)
  • 見仏(青森)(3)
  • 見仏(岩手)(2)
  • 見仏(東京)(4)
  • 見仏(神奈川)(4)
  • 見仏(愛知)(3)
  • 見仏(岐阜)(1)
  • 見仏(大分)(6)
  • 見仏(ミュージアム)(29)
  • 奈良の神社(6)
  • 奈良の行事(4)
  • 奈良公園散歩(4)
  • 奈良のミュージアム(15)
  • 奈良の四季(12)
  • 懐かしい写真(1)
  • 奈良ネタもろもろ(5)
  • 奥大和を一望す(18)
  • 北海道を一望す(24)
  • 東北を一望す(6)
  • 中部を一望す(7)
  • 中国・四国を一望す(2)
  • 雑記(2)
  • お知らせ(2)
  • 未分類(0)
  • 記事インデックス(4)
ブログランキング
検索フォーム
QRコード
QR