プロフィール

ichibou

Author:ichibou
ならまち育ち。長年東京に暮らすも、現在は奈良に戻り、その魅力を再発見中。「見仏記」の影響で仏像鑑賞が趣味に。

おことわり
当ブログに掲載されている画像の無断転載・複写は固くお断りいたします。
カウンター

第32回 観音の里ふるさとまつり (1) - 冷水寺の鞘仏

第32回 観音の里ふるさとまつり チラシ
今年も「観音の里ふるさとまつり」に参加すべく、滋賀県の湖北地方へと出かけてきました。観音の里ふるさとまつりは、滋賀県長浜市の高月地区で毎年行れ、高月地区のお堂が一斉に公開されるという一大イベントです。昨年までは8月に行われていましたが、今年は10月の開催。観音めぐりには最適な季節での開催となりました。


JR西日本一日乗り放題きっぷ
いざ目指すは北陸本線の高月駅。今回はちょうど「鉄道の日記念 JR西日本一日乗り放題きっぷ」の発売期間中だったので、これを利用。一日3000円でJR西日本全線の普通列車に乗車できるというものです。奈良から高月までは片道2,270円かかるので、十分元がとれる計算です。


レンタサイクル
また、今回の観音巡りはレンタサイクルを利用します。昨年は30分毎に運行される巡回バスを利用しましたが、どうしても乗り継ぎ等で時間をロスしてしまうので、今回は早めにレンタサイクルを予約しておきました。今年はこの自転車を駆使して、北陸本線より西側の地区を中心に巡ることとします。


冷水寺バス停
そして、まず向かったのは宇根地区にある冷水寺です。高月駅から駅周辺の住宅地をぬけ、田園地帯を10分ほど走った場所にあります。約2キロの道のり。


冷水寺
冷水時の起源は奈良時代まで遡ります。神亀年間(724~729年)に行基がこの地で観音像を刻み、この地に小堂を開いたといいます。これが冷水寺の祖となる宇根野寺です。


冷水寺
貞観年間(859~877年)には円珍により七堂伽藍(安浄寺と改称)が整備されますが、戦国時代に兵火より焼失し、現在は小さなお堂が建つのみとなっています。


冷水寺・十一面観音坐像
現在のご本尊はこちらの十一面観音坐像です。通常、堂内は撮影禁止というのが一般的ですが、ここ高月地区では写真撮影OKなお堂が多いのも仏像ファンにとっては嬉しいところ(今回巡ったお堂はすべて撮影OKでした)。


冷水寺・十一面観音坐像
さて、この像は元禄の作ですが、鞘仏(さやぼとけ)といわれ、中は空洞となっているそうです。中には胎内仏として、兵火で焼け焦げた旧本尊(聖観音坐像)が納められているというので驚きです。


冷水寺・扁額
観音堂は賤ヶ岳の戦い(1583年)の折、柴田勝家の放った火により焼失し、観音像も焼損してしまいます。村人は小堂を建てて焼け傷んだ像を安置したそうです。このとき、堂前に清水が湧いていたことから寺号も「冷水寺」と改められています。


冷水寺
その後、元禄12年(1699年)に、お堂の扉が自然に開き、中から痛ましく焼け損じた観音様が姿を現したといいます。この姿に村人は心を痛め、京都で鞘仏の十一面観音像をつくり、痛ましいお姿の本尊は台座内に深く納めたそうです。


冷水寺胎内仏資料館
現在、冷水寺のお堂の脇には、「冷水寺胎内仏資料館」が併設されています。間口2.5m、 奥行き5mという「世界一」小さなミュージアムです。


冷水寺胎内仏資料館
その館内には鞘仏と胎内仏の合成写真が展示されていました。このように台座部分に胎内仏が納められ、そこに刀の鞘のように十一面観音像が被せられているのだそうです。


冷水寺胎内仏資料館
ちなみにこの資料館は、年中無休の24時間営業という珍しい無人資料館。人が中に入ると自動的に照明がつく仕組みになっています。展示品はパネル写真が中心で、賎ヶ岳の合戦のジオラマなども展示されておりました。


冷水寺・御朱印
最後にいただいた御朱印です。
「大比悲殿」


冷水寺(れいすいじ) 見仏メモ

■住所:滋賀県長浜市高月町宇根
■山号:慈光山
■本尊:千手千足観音菩薩
■創建:神亀年間(724~729年)
■開基:行基
■拝観時間:9:00~16:00 ※要予約
■拝観料:200円 (胎内仏資料館は無料)
■問い合わせ先:奥びわ湖観光協会
■交通:JR高月駅より車で5分

■今回見仏した御仏
  ・十一面観音像坐像(江戸時代、木造、鞘仏)

■関連サイト:
 【胎内仏資料館】
 【冷水寺(胎内仏資料館) | 長浜・米原・奥びわ湖を楽しむ観光情報サイト】

■地図
 

関連記事
スポンサーサイト
THEME:古寺巡礼 | GENRE:旅行 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カテゴリ
  • 見仏(奈良)(94)
  • 見仏(滋賀)(22)
  • 見仏(京都)(15)
  • 見仏(大阪)(2)
  • 見仏(兵庫)(1)
  • 見仏(和歌山)(4)
  • 見仏(北海道)(1)
  • 見仏(青森)(3)
  • 見仏(岩手)(2)
  • 見仏(東京)(4)
  • 見仏(神奈川)(4)
  • 見仏(愛知)(3)
  • 見仏(岐阜)(1)
  • 見仏(大分)(6)
  • 見仏(ミュージアム)(29)
  • 奈良の神社(6)
  • 奈良の行事(4)
  • 奈良公園散歩(4)
  • 奈良のミュージアム(15)
  • 奈良の四季(12)
  • 懐かしい写真(1)
  • 奈良ネタもろもろ(5)
  • 奥大和を一望す(18)
  • 北海道を一望す(24)
  • 東北を一望す(6)
  • 中部を一望す(7)
  • 中国・四国を一望す(2)
  • 雑記(2)
  • お知らせ(2)
  • 未分類(0)
  • 記事インデックス(4)
ブログランキング
検索フォーム
QRコード
QR