FC2ブログ
プロフィール

ichibou

Author:ichibou
ならまち生まれ。東京暮らしが長かったものの、現在は奈良に戻り、その魅力を再発見中。「見仏記」の影響で仏像鑑賞が趣味に。

おことわり
当ブログに掲載されている画像の無断転載・複写は固くお断りいたします。
カウンター

第32回 観音の里ふるさとまつり (3) - 片山観音堂

片山隧道
竹蓮寺の次は、山本山の反対側にある片山地区へと向かいます。山越えなのである程度の坂道は覚悟していましたが、嬉しいことにトンネルで通じていました。トンネルを抜けると、琵琶湖の湖面が広がりました。


行善寺、片山神社
トンネルを抜けるとすぐ片山地区です。赤いのぼりに導かれて進むと、行善寺という浄土真宗本願寺派のお寺にたどり着きました。隣には片山神社の鳥居が並んでいます。


片山観音堂
そして、お目当ての観音堂は、片山神社の境内にありました。テントの上の方に見える小さな建物が観音堂となります。


片山神社・石段
観音堂へは、神社の急な石段を登り、途中で右に曲がる形となります。


片山観音堂
観音堂は、二重構造になっていました。本来のお堂がトタン屋根の簡易的な建物の中にスッポリと収められています。まるで中尊寺金色堂の覆堂のようなつくり・・・というと大げさかもしれませんが、いずれにしろ風雨からお堂を保護するために立てられたものだと思われます。


片山観音堂
この観音堂には十一面観音が祀られています。琵琶湖を見下ろす様に立っておられます。


片山観音堂・十一面観音
光背と頭髪の青がなかなか鮮やかですが、全体的には素朴な印象の観音さまです。


片山観音堂・十一面観音
この観音さまには、嵐の日に右手で大津波を押し返し、村人たちを救ったという逸話も残っているそうです。


片山観音堂からの眺め(琵琶湖)
この辺りは古くから湖上交通の要所であったようです。片山の観音さんは、いつの時代も琵琶湖を見下ろし、船の安全を見守っているのだそうです。


片山観音堂・御朱印
いただいた御朱印です。
「十一面観世音」


片山観音堂 見仏メモ

■住所:滋賀県長浜市高月町片山18
■本尊:十一面観音菩薩
■拝観料:志納
■交通:JR高月駅より車で15分

■今回見仏した御仏
  ・十一面観音立像 - 寄木造

■地図
 

関連記事
スポンサーサイト
THEME:古寺巡礼 | GENRE:旅行 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カテゴリ
  • 見仏(奈良)(110)
  • 見仏(滋賀)(25)
  • 見仏(京都)(16)
  • 見仏(大阪)(3)
  • 見仏(兵庫)(2)
  • 見仏(和歌山)(4)
  • 見仏(北海道)(2)
  • 見仏(青森)(3)
  • 見仏(岩手)(2)
  • 見仏(東京)(5)
  • 見仏(神奈川)(4)
  • 見仏(愛知)(3)
  • 見仏(岐阜)(1)
  • 見仏(富山)(1)
  • 見仏(大分)(6)
  • 見仏(ミュージアム)(32)
  • 奈良の神社(7)
  • 奈良の行事(4)
  • 奈良公園散歩(3)
  • 奈良のミュージアム(15)
  • 奈良の四季(15)
  • かつての奈良(2)
  • 奈良の展望スポット(5)
  • 奥大和を一望す(18)
  • 北海道を一望す(24)
  • 東北を一望す(6)
  • 中部を一望す(7)
  • 中国・四国を一望す(2)
  • 雑記(2)
  • お知らせ(2)
  • 未分類(0)
  • 記事インデックス(4)
ブログランキング
検索フォーム
QRコード
QR