プロフィール

ichibou

Author:ichibou
ならまち育ち。長年東京に暮らすも、現在は奈良に戻り、その魅力を再発見中。「見仏記」の影響で仏像鑑賞が趣味に。

おことわり
当ブログに掲載されている画像の無断転載・複写は固くお断りいたします。
カウンター

東大寺戒壇堂の四天王像

東大寺戒壇堂
十月の晴れた日、東大寺の戒壇堂へと出かけてきました。戒壇堂は、大仏殿の西側の、小高い丘の上にあります。


東大寺戒壇院へと続く石壇
大仏殿は修学旅行生や海外からの観光客でいつも賑わっていますが、この古い石段を登ってしまえばそこは別世界。


東大寺戒壇堂
東大寺の境内の中でも、ひときわ落ち着きが感じられる空間がひろがります。ひっそりとした奈良の古刹らしい佇まいともいえるでしょう。


東大寺戒壇堂・山門
さて、戒壇堂は正式な僧侶となるために「戒」を授かる大切な儀式を行う場所です。


東大寺戒壇堂
平勝宝6年(754年)、聖武上皇、光明皇太后、孝謙天皇らは、度重なる困難を乗り越え来日した鑑真により、大仏殿の前に築かれた戒壇にて戒を授かります。その翌年、日本初の正式な授戒の場として大仏殿の西側に建立されたのが、この戒壇堂です。


東大寺戒壇堂の龍
その戒壇堂の屋根を見上げると、ユーモラスな表情の龍がのっています。龍は水の神とされるので、おそらく火災が起こらぬよう見張っているのでしょう。


東大寺戒壇堂の瓦
その龍の足元をみると、瓦に「戒壇堂享保壬子造」という文字が読み取れます。「享保壬子」は、享保17年(1732年)にあたり、現在の戒壇堂はこの年に再建されたようです。


東大寺戒壇堂
さて、堂内に入ると、壇が築かれており、その壇の中央には多宝塔が祀られています。多宝塔の中には鑑真和上が唐より将来したと言われる釈迦如来と多宝如来を模したものが祀られています(本物は東大寺ミュージアムの収蔵庫に安置されており、受戒の折りにこちらに祀られるとのこと)。



(『回顧 入江泰吉の仕事』の表紙を飾る広目天)
そして、壇の四隅には、天平時代の傑作ともいわれる国宝の四天王像が祀られています。仏法を守護する神である四天王はいずれも憤怒の相。持国天と増長天は目を見開いて怒りを表しているのに対し、多聞天と広目天は眉根に皺を寄せて目を細め、内に秘めた怒りを表わしています。この見る者を圧倒するような迫力ある表情は、塑像だからこそ表現できるともいわれています。


東大寺戒壇堂・庭
堂内は時間が止まったかのような静けさに包まれています。壇の上には登れませんが、壇の外側の通路より四天王像を一体一体見上げるように拝観することができます。像高は160~169cmほどで、写真でみるよりは少し小さい印象を受けました。どうやら写真からも伝わるその迫力で、もっと大きな像を想像してしまっていたようです。それでも、その表情は想像を超えた迫力。徹底的に厳しさ・怖さを追求して作られているような気がします。その精神は邪鬼の踏まれ方にも表れており、遊びが無いと言うか、容赦なく踏まれている感じでした。


東大寺戒壇堂・御朱印
戒壇堂の御朱印です。
「四天王」



東大寺 戒壇堂 見仏メモ

■住所:奈良市雑司町406-1
■宗派:華厳宗(大本山)
■創建:天平時代
■拝観時間:8:00~16:30(11~2月) ※季節によって変動あり
■入堂料:500円  ※大仏殿、法華堂は別途入堂料が必要。

■今回見仏した御仏
  ・四天王立像(持国天、増長天、広目天、多聞天) - 国宝、奈良時代、塑像

■地図
 

■関連書籍
 
 東大寺戒壇堂は「見仏記」にて紹介されています。

 
 東大寺戒壇堂は「見仏記6 ぶらり旅篇」にて紹介されています。


関連記事
スポンサーサイト
THEME:古寺巡礼 | GENRE:旅行 |

COMMENT

No title

奈良検定の勉強のために、時々ブログにお邪魔させていただいておりますm(_ _)m

戒壇堂の四天王像を初めて拝見した時は、見事な造形美に一瞬時が止まったかのような錯覚を覚えました。
想像していたよりも小さい像だったのですが、ものすごい迫力と目力に圧倒されました!

東大寺に観光されている方を見ていると、大仏止まりで戒壇堂にまで足が向かない方が多いのがいつも残念に思います。

Re: No title

ヨシノマホさま、コメントありがとうございます。

> 東大寺に観光されている方を見ていると、大仏止まりで戒壇堂にまで足が向かない方が多いのがいつも残念に思います。

法華堂だとまだ修学旅行生や外国人観光客も見かけるんですが、戒壇堂は静かですね。
もっと知って欲しいと思いますが、一方で静かなまま置いておきたい・・・という気もしています。

EDIT COMMENT

非公開コメント

カテゴリ
  • 見仏(奈良)(94)
  • 見仏(滋賀)(22)
  • 見仏(京都)(15)
  • 見仏(大阪)(2)
  • 見仏(兵庫)(1)
  • 見仏(和歌山)(4)
  • 見仏(北海道)(1)
  • 見仏(青森)(3)
  • 見仏(岩手)(2)
  • 見仏(東京)(4)
  • 見仏(神奈川)(4)
  • 見仏(愛知)(3)
  • 見仏(岐阜)(1)
  • 見仏(大分)(6)
  • 見仏(ミュージアム)(29)
  • 奈良の神社(6)
  • 奈良の行事(4)
  • 奈良公園散歩(4)
  • 奈良のミュージアム(15)
  • 奈良の四季(12)
  • 懐かしい写真(1)
  • 奈良ネタもろもろ(5)
  • 奥大和を一望す(18)
  • 北海道を一望す(24)
  • 東北を一望す(6)
  • 中部を一望す(7)
  • 中国・四国を一望す(2)
  • 雑記(2)
  • お知らせ(2)
  • 未分類(0)
  • 記事インデックス(4)
ブログランキング
検索フォーム
QRコード
QR