プロフィール

ichibou

Author:ichibou
ならまち育ち。長年東京に暮らすも、現在は奈良に戻り、その魅力を再発見中。「見仏記」の影響で仏像鑑賞が趣味に。

おことわり
当ブログに掲載されている画像の無断転載・複写は固くお断りいたします。
カウンター

いざ鎌倉 (1) - 鎌倉大仏(高徳院)

サンライズ瀬戸
所用で東京へ行くことになったので、ついでに鎌倉を観光することに。普通に新幹線で行くのも味気ないので、今回は大阪からサンライズ瀬戸を利用してみました。サンライズは高松・出雲と東京を結ぶ人気の寝台列車。深夜0:34に大阪駅から乗車し、早朝6:44横浜に降り立ちました。ここからは横須賀線で鎌倉駅へと向かいます。実は神奈川県内には通算6年ほど住んでいましたが、観光で鎌倉を訪れるのは今回が初めてです。


大仏前バス停
鎌倉駅到着後は早朝から営業しているカフェで朝食をとり、まずは鎌倉大仏へと向かいます。そして、開門時間の朝8時に「大仏前」のバス停に到着しました。


高徳院・仁王門
バス停を降りるとすぐ仁王門が見えてきます。


高徳院・金剛力士像(阿形)高徳院・金剛力士像(吽形)
こちらの仁王像は江戸時代の作のようですが、2011年秋より約2年かけて調査・修復されており、大変綺麗な状態です。


高徳院境内
拝観料200円を納め、境内の奥へと進みます。大仏は屋外に安置されていますが、うまく樹木で隠されており、外からは見えない様になっています。


高徳院・大仏像
参道の角を曲がるといよいよ大仏様が見えてきました。昼間だと大勢の参拝客で賑わうのでしょうが、開門したばかりの時間なので、寂しいぐらいに人がいません。


高徳院・大仏像
さて、この鎌倉大仏は高徳院のご本尊で阿弥陀仏。もちろん国宝に指定されています。寺伝によると鎌倉時代に源頼朝の侍女であったといわれる稲多野局が発起し、僧浄光が勧進して造られたということでなので、奈良の大仏のように国の事業として造られたものではないようです。いずれにせよ大仏建立に関する資料が少なく、その詳細は明確になっていないそうです。


高徳院・大仏像
作者も不明ですが、慶派の作風と宋代中国の仏師達からの影響を併せ持っているといわれています。像高は13.35mで、奈良の大仏(18.03m)よりは少し小さめのサイズ。とはいえ、その前に建つとその大きさに圧倒されます。


鎌倉大仏
表情は若々しい印象を受けます。その大仏様の螺髪は、鳩たちの憩いの場となっているようです。


高徳院・胎内拝観
こちらの大仏様は奈良の大仏様とは違い、中に入れるようになっています。胎内拝観は別料金となりますが、そのお値段はなんと20円。迷わず10円玉を2枚納めて胎内へと進みます。


高徳院・胎内拝観
薄暗い大仏の胎内は空洞となっていました。内壁には多くのつなぎ目があり、この像が多くのパーツに分けて造られていることがわかります。


高徳院・胎内拝観
上にある穴が頭の部分になります。螺髪の裏側が見えています。その頭部を支える頸部には茶色くなっている部分がありますが、これは近年補強された強化プラスチックによる耐震補強なのだそうです。日中だと胎内拝観も大変混雑するという話ですが、さすがに早朝は空いており、じっくり拝観させていただくことができました。


高徳院・大仏像背面
さて、外に出て今度は大仏様の背中を眺めてみます。猫背な背中には窓が二つ開いており、ちょっとロボットのようにも見えます。これは奈良の大仏にはない光景です。この窓は造立時に中の補強材や土を取り出すために利用されたのではないかとも言われていますが、現在では胎内拝観用の明かりとりと換気に役立っているようです。


高徳院境内
現在は、露座の大仏として有名になっている大仏様ですが、造立当初は奈良の大仏同様、大仏殿の中に納められていたと言いいます。その後、大仏殿は大風により損壊し2度崩壊しますが、いずれも再建されています。しかし、明応7年(1498年)の津波で流失して以降は復興されていないということなので、500年以上も大仏様は屋根のない所に座っていらっしゃることになります。現在その大仏殿の名残は、大仏様の周りにある礎石に残すのみです。


高徳院・御朱印
高徳院の御朱印です。
「阿弥陀如来」



高徳院(こうとくいん) 見仏メモ
■住所:神奈川県鎌倉市長谷4-2-28
■山号:大異山
■宗派:浄土宗
■本尊:阿弥陀如来(鎌倉大仏)
■拝観時間:8:00~17:00 (4~9月は17:30まで)
■拝観料:200円 (大仏の胎内拝観は別途20円)
■駐車場:近隣に有料P複数あり
■交通:江ノ島電鉄長谷駅より、徒歩7分
    JR鎌倉駅東口よりバス約10分、「大仏前」下車すぐ

■今回見仏した御仏
  ・阿弥陀如来坐像 - 国宝、鎌倉時代、青銅造、像高13.35m

■公式サイト:【鎌倉大仏殿高徳院】

■地図
 

■関連書籍
 
 高徳院は「見仏記2 仏友篇」にて紹介されています。

■関連DVD
 
 高徳院は「新TV見仏記15 いざ! 鎌倉編」にて紹介されています。

関連記事
スポンサーサイト
THEME:古寺巡礼 | GENRE:旅行 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カテゴリ
  • 見仏(奈良)(94)
  • 見仏(滋賀)(22)
  • 見仏(京都)(15)
  • 見仏(大阪)(2)
  • 見仏(兵庫)(1)
  • 見仏(和歌山)(4)
  • 見仏(北海道)(1)
  • 見仏(青森)(3)
  • 見仏(岩手)(2)
  • 見仏(東京)(4)
  • 見仏(神奈川)(4)
  • 見仏(愛知)(3)
  • 見仏(岐阜)(1)
  • 見仏(大分)(6)
  • 見仏(ミュージアム)(29)
  • 奈良の神社(6)
  • 奈良の行事(4)
  • 奈良公園散歩(4)
  • 奈良のミュージアム(15)
  • 奈良の四季(12)
  • 懐かしい写真(1)
  • 奈良ネタもろもろ(5)
  • 奥大和を一望す(18)
  • 北海道を一望す(24)
  • 東北を一望す(6)
  • 中部を一望す(7)
  • 中国・四国を一望す(2)
  • 雑記(2)
  • お知らせ(2)
  • 未分類(0)
  • 記事インデックス(4)
ブログランキング
検索フォーム
QRコード
QR