プロフィール

ichibou

Author:ichibou
ならまち育ち。長年東京に暮らすも、現在は奈良に戻り、その魅力を再発見中。「見仏記」の影響で仏像鑑賞が趣味に。

おことわり
当ブログに掲載されている画像の無断転載・複写は固くお断りいたします。
カウンター

耳成山からの眺めは・・・

耳成山
橿原方面へ出かけた際、少し時間ができたので大和三山の一つである耳成山に登ってみました。


耳成山看板
看板によりますと、耳成山へ登るルートは大きくわけて2つあるようです。ぐるっと一周するような形で登る遊歩道と、耳成山口神社へと真っ直ぐ登るルートです。


耳成山口神社鳥居
今回は、鳥居をくぐり神社へと向かうルートを選択。


耳成山口神社参道
鳥居が並ぶ参道を登ります。直登するルートなので、勾配は結構キツめです。


耳成山口神社
息をきらせて10分程登ると、耳成山口神社に到着しました。


耳成山口神社
耳成山口神社の創建は不明ですが、正倉院文書にはその名前が残っているといいますので、かなり歴史のある神社のようです。


耳成山
神社があるのは八合目あたりです。参拝後はさらに山頂を目指します。神社の背後は獣道のような細い道がいくつかあるようですが、神社にいた地元の方の話では、どこを通っても上に向かっていけば頂上に着くとのことでした。


耳成山
ほどなく広場のような場所に到着。



耳成山・三等三角点
ここに三等三角点がありました。


耳成山頂上
どうやらここが頂上のようです。「耳成山140m」という木札もぶら下がっていました(厳密には標高は139.6メートル)。


耳成山頂上付近
周囲は木々茂っているため視界は悪く、周囲を見渡すことができません。山頂からの眺望は期待外れでした。


耳成山の野良猫
ところで、耳成山は麓から頂上付近まで野良猫の住処になっているようです。いたるところで猫を見かけました。


耳成山からみた畝傍山
帰路は、遊歩道から下山。半分ほど降りたところで、ようやく木々の隙間から畝傍山が見ることができました。この山は眺望を期待して登る山ではなさそうですが、頂上までは15~20分程度で登れてしまうので、体力作りにはよさそうな山でした。



関連記事
スポンサーサイト
THEME:奈良 | GENRE:地域情報 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カテゴリ
  • 見仏(奈良)(94)
  • 見仏(滋賀)(22)
  • 見仏(京都)(15)
  • 見仏(大阪)(2)
  • 見仏(兵庫)(1)
  • 見仏(和歌山)(4)
  • 見仏(北海道)(1)
  • 見仏(青森)(3)
  • 見仏(岩手)(2)
  • 見仏(東京)(4)
  • 見仏(神奈川)(4)
  • 見仏(愛知)(3)
  • 見仏(岐阜)(1)
  • 見仏(大分)(6)
  • 見仏(ミュージアム)(29)
  • 奈良の神社(6)
  • 奈良の行事(4)
  • 奈良公園散歩(4)
  • 奈良のミュージアム(15)
  • 奈良の四季(12)
  • 懐かしい写真(1)
  • 奈良ネタもろもろ(5)
  • 奥大和を一望す(18)
  • 北海道を一望す(24)
  • 東北を一望す(6)
  • 中部を一望す(7)
  • 中国・四国を一望す(2)
  • 雑記(2)
  • お知らせ(2)
  • 未分類(0)
  • 記事インデックス(4)
ブログランキング
検索フォーム
QRコード
QR