プロフィール

ichibou

Author:ichibou
ならまち育ち。長年東京に暮らすも、現在は奈良に戻り、その魅力を再発見中。「見仏記」の影響で仏像鑑賞が趣味に。

おことわり
当ブログに掲載されている画像の無断転載・複写は固くお断りいたします。
カウンター

十津川村とその周辺を巡る旅 (3) 小辺路を歩いて果無集落へ

昴の郷
笹の滝を見た後は十津川温泉に移動。途中昼食をとり13時過ぎに十津川村の温泉保養施設「昴の郷」に到着しました。この日はここのホテルに宿泊予定ですが、チェックインまでにはまだ時間があるので、午後からはここから果無集落まで徒歩で往復することに。バイクと荷物を置き、身軽になってスタートします。


昴の郷近くのトンネル
まずは、昴の郷の駐車場脇にある小さいトンネルを通ります。


トンネル内部
このトンネルは歩行者専用ではなく、車も通るので注意が必要です。明るく写っていますが、実際にはもっと薄暗いトンネルです。


小辺路の看板
トンネルを抜けると「小辺路」の道標がありました。小辺路(こへち)とは、世界遺産「熊野参詣道」(熊野古道)の一つで、高野山と熊野三山という二つの聖地を結ぶ古道です。


熊野古道の案内板
そのうち今回歩くのは昴の郷から果無集落の約1.4kmです。果無集落までは車やバイクでも行くことが可能ですが、2時間あれば徒歩で往復できるという話なので、世界遺産・小辺路を少し歩いてみることにしました。


柳本橋
トンネルを抜けて少し歩くと「柳本橋」という吊り橋があります。


柳本橋の注意書き
この橋の定員は5名。


柳本橋2
谷瀬の吊り橋に比べれば短い橋ですが、怖さはこちらの方が数段上です。


河川工事
橋の下に流れるのは上湯川だと思いますが、河川工事が行われているおり、堰き止められた水がなぜかコバルトブルーに輝いておりました。


川沿いの道
さて、吊り橋を渡ったあとは、川沿いに民家の庭先の様な所を進みます。


登山口道標
舗装道路を2本横切ると登山口の道標があり、ここからはひたすら坂を登ることになります。


登山口入口
登り口は整備されており上りやすい道です。


小辺路1
しかし、整備された階段もすぐに終わり、徐々に道は荒れて行きます。


小辺路2
一見、熊野古道らしい石畳の道に見えますが、勾配がきついうえに意外と石がゴツゴツしており、ちょっと歩きにくい感じです。


小辺路3
なかには木の根が貼り出し、大変歩きにくい場所もあります。


小辺路のベンチ
吹き出す汗をぬぐいながら、一歩一歩登って行くと、坂の途中にベンチを発見。迷わずここで小休止。


ベンチからの眺め1
振り返ると、なかなかの見晴らしです。


ベンチからの眺め2
川の位置からすると、かなり高い所まで登ってきたことがわかります。


小辺路4
さて、ゴールまではもう一息です。


果無集落ゲート
この動物除けの柵を越えると果無集落です。


果無集落の石畳
集落内には綺麗な石畳の道が通り、右手の斜面には石垣が組み上げられています。


果無集落の田んぼ
石畳を登っていくと、石垣の上に緑の絨毯が見えてきました。


果無集落の田園風景
石垣の上の限られた土地には田んぼや畑が広がっていました。


果無集落の民家
そして、石畳は民家の中を横切っていきます。


果無集落民家2
こちらはポスターなどにも登場する有名なお宅です。


果無集落民家前
庭先の水場にはユリの花が活けられていました。


果無集落の鯉
生簀には丸々と太った鯉も。


果無集落の石段
そして、民家を越えてさらに石段を登り、


果無集落2
さらに尾根に沿って続く石畳を進みます。


果無集落の花
道ばたには様々な植物が植えられており、花を咲かせています。


果無集落のアジサイ
アジサイも咲き始めていました。


世界遺産碑
そして、坂を登りきると、そこには有名な世界遺産碑があります。
ここが今回のゴールとなります。
昴の郷から私の足でちょうど1時間でした。


世界遺産石碑
この熊野参詣道が世界遺産登録されたのは2004年のこと。すでに13年の月日が経ち、この石碑もだいぶ黒ずんで風格が出て来たようです。


世界遺産碑前バス停
さて、石碑のすぐ脇には「世界遺産石碑前」というバス停があったので、うまく時間があえば帰りはバスにしようかとも思ったのですが、時刻表を見るとその考えが甘かったことに気づかされます。


世界遺産石碑前バス時刻表
なんとバスは朝と昼の2往復しかなく、しかも備考欄には「月曜日のみ運行」とあります。この日は水曜だったので、次のバスは5日後の朝ということに・・・


小辺路
結局、素直に来た道を戻ることとなりました。


ホテル昴
そして出発地点の昴の郷まで戻り、「ホテル昴」にチェックイン。


星の湯
この後はホテルに併設された十津川温泉「星の湯」にて露天風呂を満喫。ほのかに硫黄の臭いがする温泉は、源泉かけ流しで湯量も豊富。大変気持ちの良いお湯でした。
これで旅の一日目は終了です。



果無集落(熊野参詣道小辺路) 基本情報

■住所:奈良県吉野郡十十津川村桑畑223
■駐車場:あり(無料)
■交通:十津川温泉より村営バス果無線で約10分(月曜のみ運行)
■関連サイト:【世界遺産「小辺路」|十津川村観光協会】
       【十津川温泉 ホテル昴】

■地図
 

■関連DVD
 
 果無集落(熊野古道小辺路)は「みうらじゅん&安齋肇の勝手に観光協会 2nd season ~西日本編~」にて紹介されています。

関連記事
スポンサーサイト
THEME:奈良 | GENRE:地域情報 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カテゴリ
  • 見仏(奈良)(94)
  • 見仏(滋賀)(22)
  • 見仏(京都)(15)
  • 見仏(大阪)(2)
  • 見仏(兵庫)(1)
  • 見仏(和歌山)(4)
  • 見仏(北海道)(1)
  • 見仏(青森)(3)
  • 見仏(岩手)(2)
  • 見仏(東京)(4)
  • 見仏(神奈川)(4)
  • 見仏(愛知)(3)
  • 見仏(岐阜)(1)
  • 見仏(大分)(6)
  • 見仏(ミュージアム)(29)
  • 奈良の神社(6)
  • 奈良の行事(4)
  • 奈良公園散歩(4)
  • 奈良のミュージアム(15)
  • 奈良の四季(12)
  • 懐かしい写真(1)
  • 奈良ネタもろもろ(5)
  • 奥大和を一望す(18)
  • 北海道を一望す(24)
  • 東北を一望す(6)
  • 中部を一望す(7)
  • 中国・四国を一望す(2)
  • 雑記(2)
  • お知らせ(2)
  • 未分類(0)
  • 記事インデックス(4)
ブログランキング
検索フォーム
QRコード
QR