プロフィール

ichibou

Author:ichibou
ならまち生まれ。東京暮らしが長かったものの、現在は奈良に戻り、その魅力を再発見中。「見仏記」の影響で仏像鑑賞が趣味に。

おことわり
当ブログに掲載されている画像の無断転載・複写は固くお断りいたします。
カウンター

十津川村とその周辺を巡る旅 (4) 中辺路を歩いて熊野本宮大社へ

国道168号線
2日目の午前中は一旦十津川村を出て、お隣の和歌山県にある熊野本宮大社を目指します。本宮大社までは県境を越えるとはいえ意外と近く、16キロちょっとの道のりです。


熊野本宮大社前
県境越える国道(168号線)は整備された走りやすい道で、ホテルを出てわずか25分程で本宮大社前に到着しました。


本宮大社前バス停
しかしすぐには参拝せず、バイクを置いて「発心門王子」行のバスに乗り込みます。


発心門王子バス停
そして、終点の発心門王子で下車。ここから熊野古道を歩いて熊野本宮大社に参拝するというのが本日の趣向となります。


世界遺産石碑
昨日歩いたのは小辺路でしたが、本日歩くのは「中辺路」(なかへち)です。中辺路は、田辺から熊野三山に至る山岳路です。


道標
そのうち今回い歩くのは、発心門王子から熊野本宮大社までの6.9km。アップダウンも緩やかで古道と集落のなかの道を歩く人気のコースだといわれています。


発心門王子
さて、「王子」とは、熊野の神様である御子神が祀られている神社です。参詣者の休憩所にもなっていた場所で、熊野詣の道中に点在しています。なかでもとりわけ格式が高いものが「五体王子」と呼ばれ、発心門王子もその一つです。この発心門王子にお参りし、いよいよ中辺路を歩きます。


中辺路
序盤は集落のなかの道が中心です。参詣道を歩いているというより里山の生活道路を散策している感覚です。


八咫烏の道標
沿道にはあちらこちらに道標があるので、道に迷うことはなさそうです。地図も必要ないくらいです。


熊野古道ではありません
万一道を誤っても、直ぐに間違いを教えてくれます。


中辺路2
徐々に森の中に入って行きますが、この辺りはまだ車も通る舗装道路です。


水呑王子
スタートから30分程歩くと水呑王子跡に到着します。ここには弘法大師が杖で地面を突くと水が湧き出たという言い伝えが残る場所です。


中辺路3
水呑王子を越えると舗装道路から外れ、杉林の中へと入って行きます。


中辺路4
杉林を抜けると、再び舗装道路に出て、次の集落へと入って行きます。


イモリ
道ばたにある防火用水の池に目をやると、なにやら黒いものが泳いでいます。サンショウウオかとも思いましたが、どうやらヤモリのようです。


百前森山
しばらく集落内を歩いていると、左手に果無山脈が見えてきます。稜線が県境になっているので、山の向こうが奈良県です。


百前森山
なかでも目立っているこの山は「百前森山」(ひゃくぜんもりさん)という山。形が富士山に似ていることから「三里富士」とも呼ばれるそうです。


伏拝王子付近
そして、伏拝王子付近まで来たとき、ふいに反対方向から外国人バックパッカーが現れ、「コンニチワー」と挨拶してすれ違って行きました。そこで、はじめて気づきました。スタート地点の発心門王子で外国人カップルを見て以来、ここまで観光客らしき人は一人も見かけていなかったのです。ここは熊野古道一の人気コースだと聞いていたのですが、梅雨時の平日だとこんなものなのでしょうか。


中辺路5
さて、伏拝王子を過ぎるとまた森の中の古道を進むことになります。


より道
三軒茶屋跡を越えてしばらく進むと「ちょっと寄り道」という看板がありました。


上り坂
せっかくなので、見晴台地へと向かう坂を登ってみました。


見晴台地
しばらく坂を登ると視界が開けてきました。


見晴台地からの眺め
大斎原(おおゆのはら)の鳥居も見えています。大斎原とは、元々熊野本宮大社があった旧社地です(明治22年の水害に伴い現在の場所に移転)。


中辺路6
見晴台地から本道に戻り、いかにも熊野古道らしい道を進みます。


ヤマユリ
道ばたにはヤマユリも。


中辺路7
しばらく歩くと古道が終わり、住宅街にでました。


中辺路8
ここまで来るとゴールは目の前。右前方に見える森が祓戸王子跡です。


祓戸王子
祓戸王子跡には小さな祠があるだけです。かつて熊野詣の人々はここで旅の汚れを祓って本宮大社へと向かったそうです。


熊野本宮大社の鳥居
祓戸王子跡から200mほど歩くとゴールの熊野本宮大社です。ここまで2時間少々の道のりでした。


熊野本宮大社
そしていよいよ熊野本宮大社にお参りです。
(この神門から先は撮影禁止なので、画像はありません。)


古神札納所
12年前にいただいた交通安全の御守りも無事返納することができました。


大斎原
一方、先ほど見晴台から見えていた大斎原の大鳥居がこちらです。本宮大社から歩いて10分ぐらいの場所にあります。


もうで餅
最後に本宮大社名物の「もうで餅」を買って、本宮大社を後にしました。
この後は十津川村に戻り、村内を観光する予定ですが、その話はまた後日。



熊野参詣道中辺路(発心門王子~熊野本宮大社)


■場所:和歌山県田辺市本宮町
■歩行距離:6.9km
■関連サイト:【発心門王子~熊野本宮大社|熊野本宮観光協会】
       【熊野本宮大社】

■地図(発心門王子)
 

関連記事
スポンサーサイト
THEME:寺社巡り | GENRE:旅行 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カテゴリ
  • 見仏(奈良)(106)
  • 見仏(滋賀)(25)
  • 見仏(京都)(16)
  • 見仏(大阪)(3)
  • 見仏(兵庫)(2)
  • 見仏(和歌山)(4)
  • 見仏(北海道)(2)
  • 見仏(青森)(3)
  • 見仏(岩手)(2)
  • 見仏(東京)(4)
  • 見仏(神奈川)(4)
  • 見仏(愛知)(3)
  • 見仏(岐阜)(1)
  • 見仏(富山)(1)
  • 見仏(大分)(6)
  • 見仏(ミュージアム)(32)
  • 奈良の神社(7)
  • 奈良の行事(4)
  • 奈良公園散歩(3)
  • 奈良のミュージアム(15)
  • 奈良の四季(15)
  • かつての奈良(2)
  • 奈良の展望スポット(5)
  • 奥大和を一望す(18)
  • 北海道を一望す(24)
  • 東北を一望す(6)
  • 中部を一望す(7)
  • 中国・四国を一望す(2)
  • 雑記(2)
  • お知らせ(2)
  • 未分類(0)
  • 記事インデックス(4)
ブログランキング
検索フォーム
QRコード
QR