プロフィール

ichibou

Author:ichibou
ならまち育ち。長年東京に暮らすも、現在は奈良に戻り、その魅力を再発見中。「見仏記」の影響で仏像鑑賞が趣味に。

おことわり
当ブログに掲載されている画像の無断転載・複写は固くお断りいたします。
カウンター

天理・井戸堂の十一面観音像

山邊御縣坐神社
8月17日に天理市西井戸堂にある妙観寺のお堂が開き、十一面観音が拝めるという噂を前日にききつけ、急遽天理へとでかけてきました。場所は天理から田原本方面へと続く県道51号線沿いにある山邊御縣坐神社の境内の一角です。


妙観寺
かつて妙観寺は山邊御縣坐神社の神宮寺だったということですが、明治の神仏分離令により廃寺となっており、その詳しい縁起などは不明です。神仏分離令によって全国的に廃仏毀釈運動が広がる中、妙観寺の十一面観音像は密かに村の集会所の片隅にうつされ、地域の人々によって守られてきたそうです。現在は山邊御縣坐神社の境内に建てられた観音堂に祀られています。


妙観寺・本堂
さて、お昼前に訪問すると、地元の世話方さんらしき人たちがお堂の前に数人集まっておられました。私が拝観させて欲しい旨を伝えると、一人の世話方さんが丁寧に観音様の由来などを解説してくださいました。


妙観寺・本堂内
小さなお堂のなかに入ると、正面にお目当ての十一面観音像がいらっしゃいました。ありがたいことに写真も撮らせていただくことができました。


妙観寺・十一面観音
観音様は予想以上に立派なもので、2メートルを越える大きな像でした。平安後期の作とのことです。


妙観寺・十一面観音
たしかに平安仏らしく、穏やかで優しそうな表情をされています。


妙観寺・十一面観音背面
裏に周って、背面を見せていただくこともできました。


妙観寺・十一面観音頭上面
表側は御供え物などがありあまり近くまで寄れなかったので、裏側からのぞきこんで頭上面も見せていただきました。この頭上面や化仏、光背などは後補のようです。


妙観寺・十一面観音台座
さて、この観音様は円筒形の台座の上に立たれていますが、この台座部分は奈良時代のものだといいます。平安時代に造られた像がなぜ奈良時代の台座に立っているのかという疑問がわきますが、実はこの像、元々は奈良時代に造られた塑像だったといいます。


妙観寺・十一面観音(背面)
奈良時代後期に盛んに造られた塑像は、心木(しんぎ)に縄などを巻きつけ、その上に土を盛って造られています。おそらくこの像は何らかの原因で土の部分が崩れ、心木だけが残ったのでしょう。その残った心木を覆うように新たに造られたのが、この木彫の像ということです。つまり、この台座は奈良時代に造られた心木の一部で、その上に平安後期に造られた像が被されているというわけです。

このように像内に破損した古像を納めているは仏像は、鞘仏(さやぼとけ)と呼ばれます。当ブログで紹介したなかでは、滋賀県・冷水寺の十一面観音像も鞘仏でした。
【参考:冷水寺の鞘仏】


妙観寺・難陀竜王
ところで、この十一面観音は三尊形式で祀られています。ご本尊に向かって左には難陀竜王像が。


妙観寺・雨宝童子
そして、右には雨宝童子像が祀られています。この三尊のならびは奈良の長谷寺と同じです。ひょっとしてと思い、世話方さんに尋ねたらやはりこの観音様は「長谷寺式の十一面観音」だということです。


妙観寺・十一面観音の右手
しかし、この観音様は長谷寺式の特徴の一つである「錫杖」を右手に持っておられません。そのへんも尋ねてみると、実は現在の右手は昭和の初期に修理された後補で、かつては錫杖をお持ちになっていたとのことでした。


妙観寺・十一面観音台座
世話方さんに促されて裏側から台座をのぞきこんでみると、錫杖が立てられていたという孔が残っていました。


妙観寺・旧国宝指定書
この十一面観音像は昭和14年に国宝(いわゆる旧国宝)に指定されており、現在も重要文化財となっています。その指定書が堂内に掲示されていました。


妙観寺・梵鐘
最後に世話方さんにすすめられ、鐘楼の鐘を突かせていただくこともできました。梵鐘には「植福山妙観寺」という銘が残されていました。


妙観寺・観音堂
なお、お堂は毎月17日に掃除のため開けるそうですが、6月、7月、8月の各17日は終日お堂が開扉され、法要も行われるということです。廃仏毀釈の波から井戸堂の住民によって守られてきた観音様は、今後も静かにこの地で守り続けられることでしょう。



妙観寺の十一面観音 見仏メモ

■住所:奈良県天理市西井戸堂町339(山邊御縣坐神社内)
■本尊:十一面観音立像
■開扉日:6/17、7/17、8/17
■交通:近鉄天理線前栽駅より、徒歩20分
■今回見仏した御仏
  ・十一面観音像坐像(平安時代、木造、鞘仏)
■地図
 

関連記事
スポンサーサイト
THEME:古寺巡礼 | GENRE:旅行 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カテゴリ
  • 見仏(奈良)(94)
  • 見仏(滋賀)(22)
  • 見仏(京都)(15)
  • 見仏(大阪)(2)
  • 見仏(兵庫)(1)
  • 見仏(和歌山)(4)
  • 見仏(北海道)(1)
  • 見仏(青森)(3)
  • 見仏(岩手)(2)
  • 見仏(東京)(4)
  • 見仏(神奈川)(4)
  • 見仏(愛知)(3)
  • 見仏(岐阜)(1)
  • 見仏(大分)(6)
  • 見仏(ミュージアム)(29)
  • 奈良の神社(6)
  • 奈良の行事(4)
  • 奈良公園散歩(4)
  • 奈良のミュージアム(15)
  • 奈良の四季(12)
  • 懐かしい写真(1)
  • 奈良ネタもろもろ(5)
  • 奥大和を一望す(18)
  • 北海道を一望す(24)
  • 東北を一望す(6)
  • 中部を一望す(7)
  • 中国・四国を一望す(2)
  • 雑記(2)
  • お知らせ(2)
  • 未分類(0)
  • 記事インデックス(4)
ブログランキング
検索フォーム
QRコード
QR