プロフィール

ichibou

Author:ichibou
ならまち育ち。長年東京に暮らすも、現在は奈良に戻り、その魅力を再発見中。「見仏記」の影響で仏像鑑賞が趣味に。

おことわり
当ブログに掲載されている画像の無断転載・複写は固くお断りいたします。
カウンター

2017道東の旅(3)~釧路湿原から霧多布岬へ

阿寒湖畔キャンプ場
3日目も朝5時に起床。この日は朝から雨が降り出す予報だったので、早起きして撤収作業を開始。テントを片付け終わる頃にはちょうど雨が降り始めました。この日は観光しながら次の宿泊予定地である浜中町の霧多布岬を目指します。


釧路市湿原展望台
そして、まず立ち寄ったのが釧路市湿原展望台。しかし到着したのが8時だったので、まだオープン前。

釧路湿原探勝路
施設の周辺には釧路湿原探勝路があり、この先にはサテライト展望台があるというので、そちらに行ってみることに。


サテライト展望台
15分ほど探勝路を歩くと視界が開け、サテライト展望台に到着しました。


サテライト展望台からの眺め
しばし、雨にけぶって幻想的な釧路湿原を眺めます。


何番酊
この後は釧路市街の家電量販店に立寄り、カメラ用のメモリカードなどを購入し、11時の開店を待ってJR遠矢駅近くの「南蛮酊」へと向かいました。ここは釧路名物の「ザンタレ」で有名なお店。北海道では鶏の唐揚げのことを「ザンギ」といいますが、そのザンギに甘辛いタレをかけたものが「ザンタレ」です。



ザンタレ
ここのボリュームがすごいことは知っていたのですが、物は試しにハーフではなく普通にザンタレを注文したら、この量が出てきました。これで950円です(ご飯は別料金)。お肉はジューシー。甘酢のタレが効いていて食が進みます。しかし、さすがに一人で食べきれる量ではないので、残りはパックに入れてもらい持ち帰ることに。予想していたことではありますが、これで夕食もザンタレに決定です。


コッタロ展望台
食後は塘路を経由し、コッタロ湿原展望台へと向かいました。塘路から未舗装の道道1060号を10分ほど走ると展望台の駐車場へと到着します。釧路湿原の北東端に位置するこの辺りは「コッタロ湿原」と呼ばれています。釧路湿原には展望台がいくつかありますが、ここは個人的にお気に入りの展望台です。はじめて湿原を見て感動した場所でもあるので、ちょっと思い入れがあります。


コッタロ展望台の階段
駐車場から展望台へは5分ほど急坂を登らなければなりませんが、その先には素晴らしい眺望が待っています。


コッタロ展望台からの眺め
坂を登りきると眼前には原始のままという湿原の風景が広がります。ここからは湿原の中を流れるコッタロ川を見下ろすことができ、いかにも湿原らしい眺望を楽しむことができます。私が毎年のように北海道へ来るきっかけを作ったのはこの風景だったといっても過言ではありません。


コッタロ湿原展望台からの眺め2
今回は姿を見ることができませんでしたが、この辺りはタンチョウの営巣地でもあります。


厚岸湖
湿原を満喫した後は、厚岸を経由して、霧多布岬のある浜中町へ移動しました。
(画像は厚岸湖と厚岸大橋)


浜中町案内板
浜中町に入ると、街のいたるところで「ルパン」を見かけます。ここ浜中町は、『ルパン三世』の原作者、モンキー・パンチ先生の出身地でもあります。


ルパンラッピング列車
JRの車両もルパン・ラッピング。


コープハマナカノソフトクリーム
浜中町にはいるとまず、JR茶内駅近くの「コープはまなか」で名物のソフトクリームをいただきました。このソフトクリームには、ハーゲンダッツのアイスと同じ浜中町産の「タカナシ北海道4.0牛乳」が使用されていることで知られています。そのお味は大変濃厚ですが、後味はスッキリしていて大変おいしいです。この味で値段は250円に抑えられています。地産池消だからこそなせる業でしょうか。


きりたっぷ岬
そして、コープはまなかから20分ほど走ると、霧多布岬に到着です。


湯沸岬灯台
太平洋に突き出た岬の先には白地に赤横帯の入った四角形の灯台が立っています。霧多布岬、は正式には「湯沸岬」(とうぶつみさき)といい、この灯台も湯沸岬灯台という名前です。


きりたっぷ岬2
灯台からは、さらに岬の突端まで続く道があるので、歩いてみました。


きりたっぷ岬3
岬の先の岩場には、びっしりとウミウがくっついていました。このあたりはウミウやオオセグロカモメの生息地となっています。


オジロワシ
また、上空にはオジロワシの姿も見られました。


きりたっぷ岬キャンプ場
さて、今夜の宿泊地「霧多布岬キャンプ場」は、ここから目と鼻の先ぐらいの場所にあります。ここはテントを張れば無料で利用でしますが、天候がスッキリしないのでバンガローを借りることにしました。料金は1泊1棟1,720円。電源、照明等の設備はありませんが、ランタン等は持参しているので問題ありません。ここに連泊することにし、2泊分の料金を支払います。旅の中盤はここをベースに行動することとします。


霧多布温泉ゆうゆ
寝床を確保したところで温泉へ。霧多布温泉「ゆうゆ」までは、キャンプ場からは5分もかかりません。入浴料は500円。高台にあるので、霧多布の市街を見下ろしつつ入る露天風呂は最高です。霧多布のキャンプ場に泊まるときはいつもお世話になっています。


昆布ソフト
そして、風呂上りには本日2本目のソフトクリーム。昆布ソフトです。塩の効いた昆布パウダーが降りかけられており、その塩加減と甘さのバランスが絶妙です。ちなみにコーンにも昆布が練り込まれているうえ、スプーン代わり刺さっているスティック状のものは昆布そのものです。昆布ずくしのこのソフトもまた、250円とお安くなっています。浜中町のソフトクリームのレベルはかなり高いようです。


きりたっぷ岬キャンプ場の夕景
この日は一日小雨が降ったり止んだりという天候でしたが、風呂を上がってキャンプ場に戻ると夕焼け空が広がっていました。


きりたっぷ岬キャンプ場のバンガロー
今宵はこちらのバンガローで一泊です。



 
 ■関連サイト
  【釧路湿原国立公園|環境省】
  【釧路市湿原展望台 | 釧路観光コンベンション協会】
  【南蛮酊|食べログ】

 
 ■関連サイト
  【コープはまなか Facebook】
  【霧多布岬キャンプ場|浜中町ホームページ】
  【霧多布温泉ゆうゆ|浜中町ホームページ】


関連記事
スポンサーサイト
THEME:北海道旅行 | GENRE:旅行 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カテゴリ
  • 見仏(奈良)(94)
  • 見仏(滋賀)(22)
  • 見仏(京都)(15)
  • 見仏(大阪)(2)
  • 見仏(兵庫)(1)
  • 見仏(和歌山)(4)
  • 見仏(北海道)(1)
  • 見仏(青森)(3)
  • 見仏(岩手)(2)
  • 見仏(東京)(4)
  • 見仏(神奈川)(4)
  • 見仏(愛知)(3)
  • 見仏(岐阜)(1)
  • 見仏(大分)(6)
  • 見仏(ミュージアム)(29)
  • 奈良の神社(6)
  • 奈良の行事(4)
  • 奈良公園散歩(4)
  • 奈良のミュージアム(15)
  • 奈良の四季(12)
  • 懐かしい写真(1)
  • 奈良ネタもろもろ(5)
  • 奥大和を一望す(18)
  • 北海道を一望す(24)
  • 東北を一望す(6)
  • 中部を一望す(7)
  • 中国・四国を一望す(2)
  • 雑記(2)
  • お知らせ(2)
  • 未分類(0)
  • 記事インデックス(4)
ブログランキング
検索フォーム
QRコード
QR