プロフィール

ichibou

Author:ichibou
ならまち育ち。長年東京に暮らすも、現在は奈良に戻り、その魅力を再発見中。「見仏記」の影響で仏像鑑賞が趣味に。

おことわり
当ブログに掲載されている画像の無断転載・複写は固くお断りいたします。
カウンター

上野公園にもあった清水の舞台(清水観音堂)

清水観音堂2
雨が降りしきるなか、上野大仏の次に訪れたのが、同じく上野公園内にある清水観音堂です。こちらのお堂も上野大仏と同じく寛永寺が管理するお堂です。他にも上野公園内には不忍池辯天堂や開山堂など寛永寺が管理する諸堂が点在しますが、そもそも上野公園は戊辰戦争で焼失した寛永寺の伽藍跡に造られているとのことです。


清水観音堂1
さて、清水観音堂は京都の清水寺を模した舞台造りのお堂で、寛永八年(1631)に建立されています。


清水観音堂3
ご本尊は清水寺より迎えたという恵心僧都(源信)作の千手観音像。しかしご本尊は秘仏で、御開帳は年一回2月の初午の日のみ。今回はお目にかかることができたのは御前立像です。


清水観音堂4
また、ご本尊が納められたお厨子の両側には色鮮やな二十八部衆が並んでいらっしゃいましたが、それほど大きな像ではないので、外陣からは少し見づらい感じでした。こういう時に単眼鏡があればと思うのですが、ついつい買う機会を逸してしまっています。


清水観音堂5
拝観後は雨が激しくなる中舞台に出てみました。本家の清水寺と比べるとかなりコンパクトな感じではあります。


清水観音堂舞台からの眺め
舞台はもともと不忍池が眺められるよう作られているそうですが、現在では木々が邪魔してちょっと見ずらい感じです。それでも木々の隙間からは不忍池とその中心にある弁天堂がちらりと見えておりました。


清水観音堂・御朱印
いただいた御朱印はこちらです。
「千手観音」



清水観音堂(きよみずかんのんどう) 見仏メモ

■住所:東京都台東区上野公園1-29
■寺号:寛永寺 
■宗派:天台宗
■清水観音堂:寛永8年(1631)
■拝観時間:10:00~16:00
■拝観料:無料
■交通:JR上野駅公園口より、徒歩5分

■公式サイト:【清水観音堂 公式ホームページ】
       【東叡山 寛永寺 公式ホームページ】

■地図
 

関連記事
スポンサーサイト
THEME:古寺巡礼 | GENRE:旅行 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カテゴリ
  • 見仏(奈良)(94)
  • 見仏(滋賀)(22)
  • 見仏(京都)(15)
  • 見仏(大阪)(2)
  • 見仏(兵庫)(1)
  • 見仏(和歌山)(4)
  • 見仏(北海道)(1)
  • 見仏(青森)(3)
  • 見仏(岩手)(2)
  • 見仏(東京)(4)
  • 見仏(神奈川)(4)
  • 見仏(愛知)(3)
  • 見仏(岐阜)(1)
  • 見仏(大分)(6)
  • 見仏(ミュージアム)(29)
  • 奈良の神社(6)
  • 奈良の行事(4)
  • 奈良公園散歩(4)
  • 奈良のミュージアム(15)
  • 奈良の四季(12)
  • 懐かしい写真(1)
  • 奈良ネタもろもろ(5)
  • 奥大和を一望す(18)
  • 北海道を一望す(24)
  • 東北を一望す(6)
  • 中部を一望す(7)
  • 中国・四国を一望す(2)
  • 雑記(2)
  • お知らせ(2)
  • 未分類(0)
  • 記事インデックス(4)
ブログランキング
検索フォーム
QRコード
QR