プロフィール

ichibou

Author:ichibou
ならまち生まれ。東京暮らしが長かったものの、現在は奈良に戻り、その魅力を再発見中。「見仏記」の影響で仏像鑑賞が趣味に。

おことわり
当ブログに掲載されている画像の無断転載・複写は固くお断りいたします。
カウンター

函館・称名寺で快慶仏に出会う

函館市電
昨年末、函館に行く機会があったので、円空仏が展示されているという称名寺というお寺を訪ねてみました。まずは函館駅より市電に乗り、終点の「どっく前」を目指します。


新撰組最後の地
そして、「どっく前」で下車したら、右手に「新撰組最後の地」碑を見ながら魚見坂を登ります。


魚見坂からの眺め
函館には有名な坂が多いですが、魚見坂は最も西側に位置する海が見える坂で、回遊してくる魚群を見るのに便利な場所だったことから、この名がついているそうです。


函館・称名寺
その魚見坂の中腹あたりを左に折れて少し進むとお目当ての称名寺がありました。


函館・称名寺
称名寺は、江戸時代初期(1644年)に伊勢の国から渡来した円龍という僧によって開かれた阿弥陀庵が始まりとされているお寺です。元々は函館市内の別の場所にあったようですが、明治初期の大火で焼失し現在の地に移転しているということです。


土方歳三供養碑
また、称名寺は新撰組ともゆかりのあるお寺です。本堂前には、土方歳三と新撰組隊士の供養碑もありました。称名寺は箱館戦争時に新選組残党の屯所となっていたのだそうです。


函館・称名寺 寺務所
山門をくぐり、寺務所に伺って拝観したい旨を伝えると、「寒いですが、どうぞ」とのお返事。本堂も宝物堂も自由に拝観してよいとのことでした。


函館・称名寺 本堂
まずは寺務所の建物から続く廊下を進み、本堂でお参りします。本堂には江戸時代の阿弥陀三尊が祀られていました。広々とした堂内は確かに冷え込んでおり、静寂な空気に包まれておりました。


函館・称名寺 本堂
次は廊下を少し戻って宝物堂へと向かいました。扉を開け、照明のスイッチをつけると、ガラスケースに納められた仏像や寺宝が姿を現しました。もちろんお目当ての円空仏もいらっしゃいます。どっしりとした造形で、円空らしい微笑みを浮かべる像です。しかし、それよりも気になったのが、円空仏のすぐ近くに安置されていた安阿弥如来像です。なんと「安阿弥快慶作」と書かれています。そういわれてみると快慶らしい品のある阿弥陀如来に見えます。


函館・称名寺境内
像高は50~60センチほどでしょうか。それほど大きな像ではありません。説明書きには、この像はかつて称名寺に勤務されていた方が護持されていたもので、その御子息が寺に寄進されたと書かれていました。併せてが明治3年の日付と千葉にある大きなお寺の名前が記された「證明」と書かれた文書も展示されていました。どうやら、この像が安阿弥作であることを証明している書状のようです。ただ、帰宅後にこの像ついてネット検索してみましたが、ヒットするページは全くなかったので、学術的には快慶作と証明されていないのかもしれません。いずれにせよ、函館で快慶仏に出会うことができるとは大変驚きでした。


称名寺・御朱印
最後に、いただいた御朱印です。
「無量壽」



称名寺(しょうみょうじ) 見仏メモ

■住所:函館市船見町18-14
■宗派:浄土宗
■本尊:阿弥陀如来
■創建:1644(正保元)年
■開基:円龍
■拝観時間:9:00~16:00
■拝観料:無料
■交通:函館市電「どっく前」下車、徒歩約8分

■今回見仏した御仏
  ・阿弥陀三尊像 - 市指定文化財、江戸時代、木造
  ・観音菩薩像 - 江戸時代、木造、円空作
  ・阿弥陀如来立像 - 鎌倉時代、木造、快慶作

■関連サイト:【称名寺 | 函館市公式観光情報サイトはこぶら】

■地図
 


関連記事
スポンサーサイト
THEME:古寺巡礼 | GENRE:旅行 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カテゴリ
  • 見仏(奈良)(106)
  • 見仏(滋賀)(25)
  • 見仏(京都)(16)
  • 見仏(大阪)(3)
  • 見仏(兵庫)(2)
  • 見仏(和歌山)(4)
  • 見仏(北海道)(2)
  • 見仏(青森)(3)
  • 見仏(岩手)(2)
  • 見仏(東京)(4)
  • 見仏(神奈川)(4)
  • 見仏(愛知)(3)
  • 見仏(岐阜)(1)
  • 見仏(富山)(1)
  • 見仏(大分)(6)
  • 見仏(ミュージアム)(32)
  • 奈良の神社(7)
  • 奈良の行事(4)
  • 奈良公園散歩(3)
  • 奈良のミュージアム(15)
  • 奈良の四季(15)
  • かつての奈良(2)
  • 奈良の展望スポット(5)
  • 奥大和を一望す(18)
  • 北海道を一望す(24)
  • 東北を一望す(6)
  • 中部を一望す(7)
  • 中国・四国を一望す(2)
  • 雑記(2)
  • お知らせ(2)
  • 未分類(0)
  • 記事インデックス(4)
ブログランキング
検索フォーム
QRコード
QR