FC2ブログ
プロフィール

ichibou

Author:ichibou
ならまち生まれ。東京暮らしが長かったものの、現在は奈良に戻り、その魅力を再発見中。「見仏記」の影響で仏像鑑賞が趣味に。

おことわり
当ブログに掲載されている画像の無断転載・複写は固くお断りいたします。
カウンター

櫟野寺の御本尊十一面観世音菩薩大開帳

ちょこっと関西歴史たび
JR西日本の駅や車内のポスターでよく見かけるみかける「ちょこっと関西歴史たび」キャンペーンですが、今年の秋は滋賀県の櫟野寺(らくやじ)がピックアップされています。ちょうど33年に一度の御本尊「十一面観世音菩薩」大開帳を迎えたということなので、「ちょこっと」滋賀へと出かけてきました。


油日駅2
JR奈良駅から電車を乗り継ぎ、降り立ったのは草津線の油日駅です。お隣の甲賀駅まで行けば櫟野寺行きの臨時バスがあることはわかっていたのですが、一つ手前で下車し、油日神社にお参りしてから櫟野寺を目指すことにしました。


油日駅1
のどかな田舎駅を想像して下車した油日駅ですが、駅舎はモダンでスタイリッシュ。忍者屋敷をモチーフにしているのだとか。まずは、ここから徒歩で油日神社を目指します。


油日の飛び出し坊や
駅周辺の古い町並みを抜けたら、滋賀名物?の「飛び出し坊や」に導かれるように、のどかな田園地帯をひたすら歩きます。
(注・実際はGoogleマップに導かれました)


油日神社1
30分程歩くと油日神社に到着。


油日神社2
なかなか雰囲気のある立派な神社です。


油日神社3
主祭神は油日大神(あぶらひのおおかみ)。創建は古く、聖徳太子が社壇を建立したという伝承も残っているそうです。


油日神社・酒樽
これは奉納された酒樽。このようなが光景は、どこの神社でもよく見かけますが・・・


油日神社4
こちらの神社では食用油の一斗缶も積まれておりました。
社名から「油の火の神」としても信仰されているようです。


油日の農道
さて、油日神社を後にし、さらにのどかな農道を歩いて櫟野寺を目指します。


櫟野の里
20分近く歩くと、櫟野寺のある櫟野(いちいの)の集落が見えてきました。どうやら旗がたてられている大きな建物が櫟野寺のようです。


櫟野寺・ゲート
門前までたどり着くと、「大開帳」の大きなゲートがたてられており、開帳のお祝いムードを盛り上げてくれます。


櫟野寺・仁王門
そのゲートをくぐると、正面に見えるのが仁王門です。


櫟野寺・十一面観音石仏
仁王門手前の参道には、石仏がずらりと並んでいます。御本尊と同じ十一面観音の坐像のようです。


櫟野寺・金剛力士像
仁王門の金剛力士像はガラスの中。ガラスはピカピカに磨かれています。


櫟野寺・本堂1
境内に入ると拝観受付のテントがあったので、そこでで拝観料を納めて本堂へ。


櫟野寺・本堂2
櫟野寺の起源も古く、奈良時代末期、最澄(伝教大師)が霊夢を感じて櫟(いちい)の生木に観音像を彫ったことがその始まりで、その観音様に祈願することで賊の討伐に成功をおさめた坂上田村麻呂が七堂伽藍を建立したといわれています。


櫟野寺・本堂3
さて、本堂横の入り口から堂内に入ると、通路は本堂と直結した収蔵庫へとつながっています。


櫟野寺・収蔵庫
ご本尊をはじめ櫟野寺の諸仏は、この収蔵庫に収められています。庫中に入るとすぐに大きなお厨子があり、そこには秘仏・十一面観音がどっしりと鎮座されていました。像高は約3m。2年前の「櫟野寺展」(東京国立博物館)でお目にかかった時と同様に、その大きさと美しさにに思わず息をのんでしました。


櫟野寺・十一面観音石仏2
他にも収蔵庫には地蔵菩薩坐像や薬師如来坐像など多くの仏像が安置されています。これらの諸仏を拝みながら庫内を一周し、最後にもう一度ご本尊にご挨拶してから、櫟野寺を後にしました。


櫟野寺・臨時バス
ちなみに、帰りは迷わず臨時バスに飛び乗りました。


櫟野寺・御朱印
最後にいただいたご朱印をご紹介。
「大悲閣」


櫟野寺(らくやじ) 見仏メモ

■住所:滋賀県甲賀市甲賀町櫟野1377
■山号:福生山
■宗派:天台宗
■本尊:十一面観音坐像
■創建:延暦11年(792年)
■開山:最澄
■開基:坂上田村麻呂
■拝観時間:9:00~16:00
■拝観料:500円 (大開帳特別拝観料は800円)
 ※十一面観世音菩薩大開帳:2018年10月6日~12月9日
■駐車場:あり(無料)
■交通:JR草津線甲賀駅より、町内巡回バス・櫟野観音行きバス15分
    JR草津線油日駅下車、徒歩約35分
    ※開帳期間中は甲賀駅より臨時バスあり
■関連サイト:【福生山 櫟野寺(いちいの観音)】
       【油日神社公式ホームページ】

■今回見仏した御仏
 ・ 十一面観音菩薩坐像 - 重文、平安時代、木造、像高3.12m
 ・薬師如来坐像 - 重文、平安時代、木造、像高2.22m
 ・地蔵菩薩坐像 - 重文、平安時代、木造、像高1.10m
  など、多数

■地図
 

■関連DVD
 
 櫟野寺は「TV見仏記3」にて紹介されています。

関連記事
スポンサーサイト
THEME:古寺巡礼 | GENRE:旅行 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カテゴリ
  • 見仏(奈良)(114)
  • 見仏(滋賀)(26)
  • 見仏(京都)(16)
  • 見仏(大阪)(3)
  • 見仏(兵庫)(2)
  • 見仏(和歌山)(4)
  • 見仏(北海道)(2)
  • 見仏(青森)(3)
  • 見仏(岩手)(2)
  • 見仏(東京)(5)
  • 見仏(神奈川)(4)
  • 見仏(愛知)(3)
  • 見仏(岐阜)(1)
  • 見仏(富山)(1)
  • 見仏(大分)(6)
  • 見仏(ミュージアム)(32)
  • 奈良の神社(6)
  • 奈良の行事(5)
  • 奈良公園散歩(3)
  • 奈良のミュージアム(15)
  • 奈良の四季(16)
  • かつての奈良(2)
  • 奈良の展望スポット(5)
  • 奥大和を一望す(19)
  • 北海道を一望す(24)
  • 東北を一望す(6)
  • 中部を一望す(7)
  • 中国・四国を一望す(2)
  • 雑記(2)
  • お知らせ(2)
  • 未分類(0)
  • 記事インデックス(4)
ブログランキング
検索フォーム
QRコード
QR