FC2ブログ
プロフィール

ichibou

Author:ichibou
ならまち育ち。古刹・仏像めぐりを通じて奈良の魅力を再発見中。

おことわり
当ブログに掲載されている画像の無断転載・複写は固くお断りいたします。
カウンター

法輪寺の秘仏妙見菩薩像御開帳

法輪寺・山門
11月の上旬に斑鳩にある法輪寺へと出かけてきました。


法輪寺・御開帳
お目当ては秘仏・妙見菩薩像の御開扉です。


法輪寺・講堂
法輪寺を訪れるのはちょうど3年ぶりです。まずは飛鳥~平安時代の古色豊かな仏たちが並ぶ講堂から拝観させていただきました。


法輪寺・妙見堂1
そして、講堂の脇を奥へと進むと、今回のお目当てである妙見堂があります。こちらは平成15年に落慶したという、まだ新しいお堂です。


法輪寺・妙見堂2
堂内の御厨子の中には秘仏である北辰妙見菩薩像が、脇侍の司命(しみょう)と司録(しろく)を従えて立たれていました。一面四臂のお姿で、像高は小柄な成人男性ぐらいでしょうか。平安時代の像だけに躍動感はありませんが、スっと力強く立たれています。

法輪寺・妙見堂3
全体的には傷みがあり素地がむき出しになっている感じですが、それが逆に神秘的な印象を与えているような気がします。ちなみにこの像は妙見菩薩としては現存最古ともいわれているとのことです。


法輪寺・特別公開
なお、今回の秘仏開扉は「秋季特別展」(※)によるものでしたが、例年ですと星祭り(2月3日)や妙見会式(4月15日)などの際にお目にかかることができるようです。
(※2018年の「秋季特別展」は既に終了しております)


法輪寺・ご朱印
今回いただいた御朱印です。
「星曼荼羅」



法輪寺(ほうりんじ) 見仏メモ
■住所:奈良県生駒郡斑鳩町三井1570
■山号:妙見山
■宗派:聖徳宗
■本尊:薬師如来
■創建:622(推古天皇30)年 ※670(天智天皇9)年説もあり
■開基:山背大兄王
■拝観時間:9:00〜17:00(12/1〜2/末は16:30まで)
■拝観料:500円
■駐車場:あり(無料)
■交通:JR法隆寺駅より、徒歩35分
    JR法隆寺駅より、「春日大社本殿」行バス「法起寺前」下車、徒歩10分
■今回見仏した御仏
 【講堂】
  ・薬師如来坐像(重文、飛鳥時代、樟・一木造)
  ・虚空蔵菩薩立像(重文、飛鳥時代、樟・一木造)
  ・十一面観音菩薩立像(重文、平安時代、杉・木造)
  ・弥勒菩薩立像(重文、平安時代、檜・一木造)
  ・地蔵菩薩立像(重文、平安時代、檜・一木造)
  ・楊柳観音菩薩立像(平安時代、木造)
  ・吉祥天立像(重文、平安時代、杉・一木造)
  ・妙見菩薩立像(江戸時代、木造) ※秘仏・妙見菩薩像の御前立

 【妙見堂】
  ・妙見菩薩立像(平安時代、一木造)

■公式サイト:【法輪寺ホームページ】

■地図
 

■関連書籍
 
 「見仏記

■関連DVD
  
 「TV見仏記2」、「笑い飯哲夫のお寺案内

関連記事
スポンサーサイト
THEME:古寺巡礼 | GENRE:旅行 |
カテゴリ
  • 見仏(奈良)(115)
  • 見仏(滋賀)(26)
  • 見仏(京都)(17)
  • 見仏(大阪)(4)
  • 見仏(兵庫)(2)
  • 見仏(和歌山)(4)
  • 見仏(北海道)(2)
  • 見仏(青森)(3)
  • 見仏(岩手)(2)
  • 見仏(東京)(5)
  • 見仏(神奈川)(4)
  • 見仏(愛知)(3)
  • 見仏(岐阜)(1)
  • 見仏(富山)(1)
  • 見仏(大分)(6)
  • 見仏(ミュージアム)(32)
  • 奈良の神社(6)
  • 奈良の行事(5)
  • 奈良公園散歩(3)
  • 奈良のミュージアム(15)
  • 奈良の四季(16)
  • かつての奈良(2)
  • 奈良の展望スポット(5)
  • 奥大和を一望す(19)
  • 北海道を一望す(24)
  • 東北を一望す(6)
  • 中部を一望す(7)
  • 中国・四国を一望す(2)
  • お知らせ・雑記(3)
  • 未分類(0)
  • 記事インデックス(4)
ブログランキング
検索フォーム
QRコード
QR